トラベルナースのすすめ

トラベルナースのすすめ

トラベルナースって何?ツアーナースとおんなじ意味じゃないの?

なんて思ったあなた。 トラベルナースとツアーナースは似てそうで違うものなの。

ツアーナースっていうのは、簡単にいうと、ツアーに同行するナース。トラベルナースっていうのは、トラベルするナース。わかりづらいわね、そう一定期間、看護師が少ない離島やへき地に赴くナースのこと。

逆出稼ぎナースがトラベルナース

おしゃれに言えば、トラベルナースだけど、ちょっと格好悪く言えば、逆出稼ぎナース。都会のナースが地方に出稼ぎに行き、看護師をするイメージで、間違いないわ。

アメリカじゃ、トラベルナースって結構一般的になっていて、看護師9人に1人はこのトラベルナースって言われてるくらい。

トラベルナースが赴く地は全国各地、北は北海道から、南は沖縄まで、どこでも看護師って不足してるから、看護師免許をもっているあなたなら、どこでも働くことができるの。

トラベルナースの良いところは、スーツケース1つでどこにでも行けるってこと。引っ越し代や一往復分の旅費なんかは支給してもらえるし、家具・家電の揃った寮に住めるし、なにより赴任手当が加算されるから、高い給料が期待できるの!

トラベルナースの給料

高い給料って、いくらか気になるでしょ。いくらだと思う?

トラベルナースの給料は正看護師なら月に30〜40万円、准看護師なら25〜35万円。時給に換算すると2,000〜2,900円といったところかしら。

この金額は時給のいい派遣看護師の中では断トツのお給料になる。 期間が限られているから、昇給やボーナスは無いんだけど、月々このくらい貰えたら、とりあえずは言うことないんじゃない?

へき地や離島っていえば、デパートだって、可愛い雑貨屋だって、おしゃれな服屋だってないから、ショッピングができない。ネットで買い物をしても、なぜか今まで無料だった送料がかかる羽目になるかも。

けどこのおかげで、お金を使う機会がぐっと減る。野菜も安いし、水も美味しい。がっちり稼いで、がっちり貯める。

トラベルナースなら、お金に困ることは無くなるわね。物価の高い都会に住む家族に、仕送りだってできる(泣)。

他にもトラベルナースの良い点は、人間関係のしがらみがなくなるってこと。看護師が少ないから、大切にしてもらえる。いままでさんざん同じ看護師から嫌な目にあったとしたら、田舎のゆったりした時間と環境に癒やしてもらうことだってできるの。

トラベルナースの実態

実は私の看護学生時代の頃の友達で、トラベルナースをやった子がいるの。 新卒で入職して3ケ月後、同じ病院の医師と恋愛関係に落ちたんだけど、あっけなく他の看護師に彼を奪われてしまい、その病院にいづらくなった彼女は失意のまま退職。そして派遣看護師でトラベルナースになったの。

彼女、すぐに沖縄の離島に飛んだわ。そこで心機一転、島に看護師2人という中で自分にできることを探し、働いたの。おじいちゃんドクターと一緒に…

2年後、彼女から「できちゃいました」と連絡があったわ。「ま、まさか!」とは思ったけど(残念ながら?)、患者で来ていた漁師と運命のゴールイン。

細くて色白だった彼女は、いまではふくよかで色黒、いえ小麦色になって、家族3人が写ったとっても笑顔の幸せそうなハガキをくれた。

こんなふうに、都会に疲れたあなたも、人生に楽しみを見いだせないあなたも、スキューバーダイビングの免許を取りたいあなたも、オフにはスノボ三昧になりたいあなたも、へき地医療に興味のある真面目なあなたも、トラベルナースって働き方をやってみたらいい。

「どこかの病院でずっと働き続けないといけない」と無意識で思っていて、なんだか身動きが取れないことを当たり前に感じていることも多いと思う。

けど、そんなときはちょっと目線を上にあげてみて。ひろーい空のその先に、あなたを必要としている病院があるかもしれないから。あなたを待っている漁師がいるかもしれない。

トラベルナースの病院

そういえば、トラベルナースっていえば、徳洲会病院が有名。徳洲会病院は、全国各地にある大病院。徳洲会病院は国際災害医療やへき地医療といった様々な分野の医療に取り組んでいるの。

トラベルナースという働き方を日本で最初に打ち出したのも、この徳洲会病院が最初よ。徳洲会病院でトラベルナースをやってみたいなら、まずは徳洲会病院のグループ傘下にある病院などで6ケ月以上勤務したのち、ってことになるの。

6ケ月経てば、離島やへき地での勤務はもちろん、都会での勤務でもどこでも異動することが可能なんですって。

このときも、引っ越し費用は負担してくれるから、徳洲会病院ならトラベルナースとしていろいろな地で勤務することが可能ってこと。

ちなみに待遇面でいえば、期間限定のトラベルナースとはいえ、トラベルナース手当がもらえるのが魅力。正看護師は70,000円、准看護師は50,000円、給料にプラスされるんですって。

これだけ手当としてプラスしてもらえれば、ボーナス分はしっかり稼ぐことができるから、ボーナスが出なくっても金銭面で不安を感じなくて済むの。

徳洲会病院のトラベルナースなら赴任先で、託児所もついていて、福利厚生・各種手当も充実しているから、安心して働くことができる。

派遣がいいか、徳洲会病院で働くのが良いのかは、あなた次第。6ケ月の研修期間が無いほうが良いなら、派遣のほうがより自由でいいかもしれない。

とりあえず今の環境を一変させたい人は、ぜひトラベルナースって方法もあるんだってこと、知っておいて。

逃げるんじゃない、挑むの!!(字は似てるけど、ちょっと変えるだけで、逃げるはチャレンジの「挑む」に変わるわ。気持ちの切り替えで前に向いて、進んでいってね)